高校入試の面接で必ず聞かれる質問と答え方を元教師が解説!

個人面接イラスト-min.png

前回、「高校入試の面接の練習には「アレ」を使って親子で特訓!」で 高校入試 の面接練習は、「スマホ」や「携帯電話」などの 録音機能 を使うと良いという話をしましたね。

そこで、子どもではなくあなたが「面接官役」をやることで、本番に近い練習ができるということをお伝えしました

録音するといっても、面接でよく聞かれる質問 が分からないと、録音のしようがありませんね。今回は、高校入試の面接で非常によく聞かれる質問と、その答え方について見ていきたいと思います。

最後には、具体的な回答例 も載せておきます。ぜひ参考にしてみてください。それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク

高校入試の面接で聞かれる必須テーマ


面接時によく聞かれるテーマを、重要度順に☆で表していきたいと思います

重要度☆☆☆
・あなたが本校を志望した理由は何ですか。

・高校で頑張りたいことを教えてください。

・あなたの将来の夢や進路について教えてください。

・中学校生活の思い出は何ですか。

・最近読んだ本があれば教えてください。

・最近のニュースで、あなたが気になるニュースは何ですか。

・あなたの尊敬する人は誰ですか。

重要度☆☆
・中学での部活・クラブ活動や高校で入りたい部活動について教えてください。

・あなたの得意な教科と苦手な教科は何ですか。また、その理由も教えてください。

・あなたの趣味や特技は何ですか。

・あなたの長所と短所は何ですか。また、短所を克服するためにどうしていきたいですか。

・本校以外に受験を考えている高校はありますか。(私立高校)

重要度☆
・本校への通学方法や通学時間について教えてください。

・あなたの家庭での時間の使い方について教えてください。

・あなたはボランティアを行ったことがありますか。そのときの経験を教えてください。

いかがでしょうか。他にもありますが、これらが面接時に聞かれる質問のテーマになります。

重要度☆☆☆の質問は必須です。確実に答えられるようにしておきたいです。

高校入試の面接で面接官の印象に残る答え方


高校入試の面接官は、1日で何十人もの生徒の面接を行わなくてはなりません。そのため、少しでも面接官の印象に残るようにしたいですね。

面接官の印象に残る質問への答え方 について、具体的に見ていきましょう。

①大きな声ではっきりと答える
これは、非常に大切です。質問に対して気持ちよく答えたいですね。

②よそ見をしない
質問している面接官の方を見て答えましょう。目を見て答えにくかったら、口元あたりでも構いません。下や横 を向いて答えないように注意しましょう。

③少しゆっくり話す
緊張するとどうしても早口になってしまいます。いつもより少しゆっくり話すくらいでちょうど良いです。

④理由や具体的な経験を話す
理由や具体的な経験がないと、説得力がなくなってしまいます。面接官の印象に残るためには、話の内容もとても大切です。

必見!面接の質問に対する回答例


集団面接イラスト-min.png

重要度☆☆☆の回答例を用意しました。ぜひ子どもと一緒に見て、参考にしてみてください。

Q:あなたが本校を志望した理由を教えてください

A:はい。私が貴校を志望した理由は、私の将来の夢が「教師」だからです。進学校である貴校で3年間一生懸命勉強し、国立大学に進学して「理科」の教師になりたいと考えています。将来の夢を叶えるために、私は貴校を志望しました。

Q:あなたの将来の夢や進路について教えてください

A:はい。私は将来「理科」の教師になりたいと考えています。私は、小学1年生の頃から教師になりたいと思うようになりました。高校卒業後は国立大学に進学し、教師になるための勉強を頑張りたいと考えています。

Q:高校で頑張りたいことを教えてください

A:はい。私が高校で頑張りたいことは、勉強と部活の両立です。私は将来教師になりたいと考えています。そのため、学校の授業を大切にし、常に良い成績を残せるように頑張りたいです。また、私は小学生の頃からサッカーをやっています。高校に進学してもサッカー部に入り、レギュラー目指して頑張りたいです。このように、私は高校で勉強と部活の両立を頑張りたいと考えています。

Q:中学校生活の思い出は何ですか

A:はい。私の中学校生活の思い出は、修学旅行です。私は、修学旅行で京都へ行きました。そこで金閣寺や銀閣寺を見たのですが、社会の授業で習ったことを実際に目で見ることができたので、とても印象に残っています。また、修学旅行は中学最後の宿泊学習です。クラスメイトとの時間を有意義に過ごすことができました。そのため、私は修学旅行が思い出に残っています。

Q:最近読んだ本があれば教えてください

A:はい。私が最近読んだ本は、松井秀喜さんの書いた「信念を貫く」という本です。この本には、自分を信じて努力することの大切さについて書かれていました。私は将来教師になりたいと考えています。不安もありますが、自分を信じ、努力をすることで夢を叶えたいと思いました。

Q:あなたの尊敬する人は誰ですか

A:はい。私が尊敬する人は、元メジャーリーガーの松井秀喜さんです。松井秀喜さんは、どれだけ打撃成績が悪くても、決して文句を言わず努力を続けてきました。私は、松井秀喜さんを見習い、たとえ嫌なことがあっても文句を言わず、努力を続けられる人間になりたいと考えています。人間性が素晴らしいので、私は松井秀喜さんを尊敬しています。

いかがでしょうか。これが、高校入試の面接で必ず聞かれる質問とその答え方 になります。

スマホや携帯電話に録音し、繰り返し特訓してみてください。かなりの練習になりますよ

スマホや携帯電話を使った、実践に近い面接練習のやり方については、「高校入試の面接の練習には「アレ」を使って親子で特訓!」の記事を参考にしてください。

面接で何を言えば良いのか迷ってしまう子どもも多いです。そのような子どもには、ぜひこの回答例を参考にするように促してあげてください。

スポンサーリンク

まとめ
・面接時に聞かれる必須テーマがある。
・その質問をあなたが録音することで、効果的な練習ができる。
・子どもに回答例を見せ、答え方をイメージさせる。

こちらの記事も参考にしてみてください
高校受験の面接で絶対NGな受け答え3選!
高校受験!志望校選びでチェックしておきたい重要ポイント7選
高校受験!偏差値だけで高校を選んではいけない6つの理由
高校受験に対する親の心構えと準備とは?家族でできる入試対策6選
不登校でも高校受験は可能?その真実をお話しします
高校入試!進路を決める際に親が気にしてあげたいポイントとは
定期テストで60~70点の子どもを90点取れるようにする親の指導法を解説します!
テストで20~30点しか取れない子どもを70点取れるようにする親の指導法はこれだ!
先生に評価される読書感想文の簡単な書き方を解説します!


人気記事一覧