いじめをなくすために必要なことは何だろう~中学生がいじめの実態や原因を徹底討論~

手をつないで走る世界の人イラスト.png

中学生10人がいじめの実態や原因について討論したときの様子をお伝えするこの企画も、最終回を迎えました。
近年、いじめ は社会的に大きな関心事になっています。大人ではなく子ども達が話し合うことで、いじめに関する違うアプローチの仕方対策実態 が見えてくるかもしれません。
今回は、いじめをなくすために必要なこと について中学生が討論したときの様子をお伝えしたいと思います。

今回の記事は最終回になるので、以前の記事をお読みでない方はぜひテーマ1 私たちのいじめ体験からお読みください。

テーマ1 私たちのいじめ体験
テーマ2 いじめの原因は何だろう
テーマ3 いじめをなくすために必要なことは何だろう(今回)

◆ICレコーダーに録音したものを記載しています。
◆個人情報保護の観点から、人物名などは変更しています。
◆討論の参加者は、私の塾に来ている生徒10人です。
◆討論に参加した10人は普段から気の合う仲間であり、このメンバー内でいじめがあったわけではありません。
◆テーマは生徒達が自ら考えたものです。
◆男子生徒の発言には●、女子生徒の発言には〇をつけています。
◆この討論の内容が、全てのいじめの実態や原因を表しているというわけではありません。本記事を制作するにあたり、記事化の提案・サポートをして下さった皆様に厚く御礼申し上げます。


スポンサーリンク

テーマ3 いじめをなくすために必要なことは何だろう


●「続いて、いじめをなくすために必要なことについて考えていきたいと思います。」

●「僕は、やっぱりいじめをなくすためには学校の先生がしっかりと注意することが必要だと思う。先生が注意しなければ他にいじめた人を注意する人はいないし。」

〇「先生たちは、「いじめを目撃したら先生に報告しなさい。」とか、「いじめを目撃したらやめなよって言ってあげなさい。」とかって言うけど、それって無理だと思う。いじめがあったことを先生に言ったら「あいつチクった。」とか言われるかもしれないし、「やめなよ。」なんて言ったら今度は自分がいじめられるかもしれないもん。うん。だから、クラスメイトがいじめを注意するって言うのは無理だよ。」

●「いじめアンケートとかあるけど、なかなか書けないよね。誰かに自分がいじめられているってことをいじめアンケートに書いているって見られていないかって思うと、僕は無理。」

〇「教育相談のときは先生と2人きりだから話しやすいけどね。」

●「いじめをなくすためには先生が注意しなきゃダメだと思うけど、俺は先生が注意するだけではいじめはなくならないと思う。今ってほら、生徒が先生が強く怒れないこと知ってるでしょ?強く怒ったら体罰になるから。生徒がそれを知っているんだもん。注意されたときに「体罰された!」って騒げばこっちの勝ちだから。だから、先生が注意するだけじゃいじめはなくならないって。」

〇「私もそう思うな。今のままじゃいじめが起きてもお説教しにくいし、いじめた親からクレームくることも多いから。」

●「そう。それな。」
無視される子どもイラスト.png

〇「ていうかちょっと疑問なんだけど、なんでいじめってこんなに騒がれてるの?いや、変な意味じゃなくて。おじいちゃんに聞いたけど、前はバイクで学校の中走り回ったりムカつく奴を地面に埋めたりしたんだって。でも別にニュースにならなかったし、そういうこと結構あったみたいだよ。今って、どっちかっていうとそこまで大したことじゃなくても騒がれるでしょ?なんか変なのって思って。」

●「やっぱ時代じゃない?でも、ニュースで「いじめが~」とか「学力低下が~」とかばっかだからさ、なんか嫌だよね。「俺たちってダメな年代なんです。」って言われているみたいで。まさに、「最近の若者は~」ってやつでしょ。」

〇「それ言われると腹立つよね。」

〇「学校行事で地域ゴミ拾い活動とかしても全然ニュースにならないしね。もっと良い事もニュースにしてくれればいいのに。」

●「ホント思う。ボランティア活動とか参加してもニュースに取り上げてもらえないし。小学校の頃、ゴミゼロボランティアで空き缶100個拾ったのにな~。」

〇「私はいじめてきた人間だけど、やっぱ先生に注意されるだけじゃダメだと思う。先生に注意されるだけじゃ直らないって。私の親放置プレイだからさ、私が学校でいじめをして先生が学校に来ても無視なんだよね。「私関係ありません。」みたいな。もし先生だけじゃなくて親からも注意されれば、少しはいじめを直そうと思うのかなって思うな。親が怒っても体罰じゃないでしょ?あと、親の育て方。」

〇「ウチもいじめはなくならないなって思う。」

●「「いじめをしてはいけません。」じゃなくて、「いじめをしなかった人に賞金プレゼント!」みたいにすればなくなりそうじゃない?」

〇「それ面白い。賞金だと無理だから、宿題なしとか成績上がるとか。成績上がるっていうのも無理か。」

●「でもそれ面白いよね。何かもらえるんだったらいじめなくなると思う。」
よく分かっていない女の子イラスト-min.png

●「大人はどうしてるんだろうね。会社のいじめとか。会社でいじめが起きたとき、社長とかどんな対策してるんだろう。」

〇「何もしてなさそう。」

〇「意外と何かしているのかもよ。いじめは良くないことだし、先生みたいに。」

〇「大人のいじめ対策とか、いじめが起こらないようにしていることとか知りたいよね。会社でどんなことしてるのか。」

●「そういえば、なんで大人のいじめは問題にならないのかなって思わない?絶対大人もいじめてるって。」

〇「名前が変わるんじゃない?ほら、パワハラとか言うし。」

●「なるほどね。パワハラか。じゃあパワハラ対策に、会社?社長?はどんなことしてるんだろう。その方法を学校でも試せばいいんじゃない?」

〇「子どものいじめをなくすためには、先に大人のいじめ、パワハラをなくさなきゃダメだよね。自分たちはいじめをしたりいじめを無視したりしているのに、子どもには「いじめてはいけません。」じゃおかしいもん。」

●「子どもって、親を見てるもんね。」
虫眼鏡を持った男の子イラスト-min.png

●「あとは、いじめが起きたときに学校じゃなくていじめた子の親が謝罪すれば良い。テレビで親が謝罪するようになれば、きっと子どもがいじめをしないように育てると思う。」

〇「確かに。」

〇「先生がいじめが起きたときにいじめた子を注意しても、親が文句言えなくなるもんね。親が謝罪しなきゃならないんだから。」

●「そう。そうすれば、学校の先生もいじめた子を注意しやすくなる。だから、いじめが起きてもそれを無視したら先生が悪いけど、そうじゃなければいじめた親が謝罪する。きっと、子どもも親から「いじめはするな。」って厳しく言われればいじめをしにくくなると思う。」

〇「親が「いじめをするな。」って言うだけじゃダメだよ。親もっていうか、大人もいじめをしない。そして、子どもに「いじめをするな。」って言う。」

●「ああそうか。そうそう。そんなかんじ。」

〇「まずは大人のパワハラとかいじめをなくす。そして、いじめたときはテレビで親が謝罪する。そうすれば、先生が注意しても親が文句言わなくなる。自分が謝罪することになるから。で、親が家で「いじめはダメだ。」って言って子どもを育てる。子どもは、親とか他の大人がパワハラをしていないって分かっているから言うことを聞く。学校は、会社が行っているパワハラ、いじめ対策を試してみる。こんな感じだね。」

●「すげーまとまったな。」

いかがでしょうか。3回に渡り、いじめをテーマに中学生が討論したときの様子 をお伝えしました。

今回の討論の参加者は、皆 いじめ被害者・加害者としていじめと関わってきた子ども達 です。実際に経験したからこそ出てくる意見や、子どもならではの発想が数多く出てきました。

いじめもゼロにすることは無理かもしれません。しかし、いじめを減らす ためにできることは数多くあります。

また、いじめを減らすためには学校や子どもだけでなく、保護者や地域社会の協力 が必要不可欠です。

いじめ被害者・加害者両方の立場に立って問題を考え、いじめに苦しむ子どもを少しでも減らしていきたいですね。

私も不登校やいじめ経験者を預かる塾を経営している人として、これからも 子どもの心を育む教育 に力を注いでいきたいと思います。

スポンサーリンク

こちらの記事も参考にしてみてください
私たちのいじめ体験~中学生がいじめの実態や原因を徹底討論~
それはSOSのサインです!思春期の子どもの口癖から分かる心理と対処法
子どもがいじめられている!?そのとき親が行うべき対応とは
新中学生の親が直面しやすい3つの問題とその対処法
やっぱり不登校に家庭教師は効果的だった!子どもに与える2つの影響
不登校の子どもの将来はどうなる?統計的に見た現実とリスク
不登校でも高校受験は可能?その真実をお話しします
「頑張れ」は絶対ダメ!?不登校の子どもへの正しい声かけはこれだ!
思春期の不登校の3つの状態と子どもが親に望む2つのこと
思春期のうつ病の症状と家庭でできる正しい対処法とは

人気記事一覧